ExcelのVBAのパスワードロックを解除する方法(メモ)

あることで、緊急でExcel2010のVBAのパスワードロックを解除してVBAを変更をする必要が出てきました。
もともとのExcelファイル作成部門(担当)が捕まらず、VBAのパスワードを聞き出せなかったら・・・

そんなとき、ネットでExcelのVBAパスワード解除方法を探すと、出てきました。

最新?の一番簡単な方法は以下だと思います。

http://stackoverflow.com/questions/1026483/is-there-a-way-to-crack-the-password-on-an-excel-vba-project/27508116#27508116

方法は以下。

1.
VBAパスワードロックされたExcelファイルを開きます。

2.
次にxlsmファイルを新規作成します。

3.
VBAを開きます。

4.
2.で作成した新しいファイルのVBAProjectにある「標準モジュール」でマウス右クリックして「挿入」-「標準モジュール」でModule1ができたら、以下をコピペします。
-----以下から引用
Option Explicit

Private Const PAGE_EXECUTE_READWRITE = &H40

Private Declare Sub MoveMemory Lib "kernel32" Alias "RtlMoveMemory" _
(Destination As Long, Source As Long, ByVal Length As Long)

Private Declare Function VirtualProtect Lib "kernel32" (lpAddress As Long, _
ByVal dwSize As Long, ByVal flNewProtect As Long, lpflOldProtect As Long) As Long

Private Declare Function GetModuleHandleA Lib "kernel32" (ByVal lpModuleName As String) As Long

Private Declare Function GetProcAddress Lib "kernel32" (ByVal hModule As Long, _
ByVal lpProcName As String) As Long

Private Declare Function DialogBoxParam Lib "user32" Alias "DialogBoxParamA" (ByVal hInstance As Long, _
ByVal pTemplateName As Long, ByVal hWndParent As Long, _
ByVal lpDialogFunc As Long, ByVal dwInitParam As Long) As Integer

Dim HookBytes(0 To 5) As Byte
Dim OriginBytes(0 To 5) As Byte
Dim pFunc As Long
Dim Flag As Boolean

Private Function GetPtr(ByVal Value As Long) As Long
GetPtr = Value
End Function

Public Sub RecoverBytes()
If Flag Then MoveMemory ByVal pFunc, ByVal VarPtr(OriginBytes(0)), 6
End Sub

Public Function Hook() As Boolean
Dim TmpBytes(0 To 5) As Byte
Dim p As Long
Dim OriginProtect As Long

Hook = False

pFunc = GetProcAddress(GetModuleHandleA("user32.dll"), "DialogBoxParamA")


If VirtualProtect(ByVal pFunc, 6, PAGE_EXECUTE_READWRITE, OriginProtect) <> 0 Then

MoveMemory ByVal VarPtr(TmpBytes(0)), ByVal pFunc, 6
If TmpBytes(0) <> &H68 Then

MoveMemory ByVal VarPtr(OriginBytes(0)), ByVal pFunc, 6

p = GetPtr(AddressOf MyDialogBoxParam)

HookBytes(0) = &H68
MoveMemory ByVal VarPtr(HookBytes(1)), ByVal VarPtr(p), 4
HookBytes(5) = &HC3

MoveMemory ByVal pFunc, ByVal VarPtr(HookBytes(0)), 6
Flag = True
Hook = True
End If
End If
End Function

Private Function MyDialogBoxParam(ByVal hInstance As Long, _
ByVal pTemplateName As Long, ByVal hWndParent As Long, _
ByVal lpDialogFunc As Long, ByVal dwInitParam As Long) As Integer
If pTemplateName = 4070 Then
MyDialogBoxParam = 1
Else
RecoverBytes
MyDialogBoxParam = DialogBoxParam(hInstance, pTemplateName, _
hWndParent, lpDialogFunc, dwInitParam)
Hook
End If
End Function
-----以上まで引用

5.同様にModule2を作って、以下をコピペします。
-----以下から引用
Sub unprotected()
If Hook Then
MsgBox "VBA Project is unprotected!", vbInformation, "*****"
End If
End Sub
-----以上まで引用

6.unprotectedを実行します。

なお、他の方法としては、xlsmファイルの拡張子xlsmをzipにリネームして解凍、その中のひとつのファイルをバイナリエディタで開いてDPB=”パスフレーズ”を書き換えるという方法もありますが、断然、こちらの方が簡単です。

その他、パスワードリムーバーのアプリがあるようです。

この記事へのコメント

  • かず

    ロック解除できなかった
    2016年02月21日 16:19
  • 無名

    私はEXCEL 2013?で作成されたマクロを2016でロック解除できました。
    2016年05月02日 12:35

この記事へのトラックバック