Boot CampのWindows7をWindows10したらIME切り替えができなくなった(メモ)

うちのiMacはEarly 2008モデル。
Boot Campで64ビット版Windowsは対応していません。
もちろん、Windows7をインストールしたときも32ビット版をインストール、これまで使ってきました。

今回、Windows10にアップグレードしました。
当然のことながら32ビット版をインストールしました。

アップグレード後、日本語入力でIMEオン/オフがキーボードからできなくなってしまいました。
Windows7利用時同様に、IMEプロパティのキーボードアサインを変更して[かな]キーでIMEオン/オフするようにしていたのに、それが効いていません。

よく考えたら、Boot Camp(の中)のドライバが入っていないことに気が付きました。
Appleキーボードドライバがインストールされていないため、[かな]キー等特有のキーが効いていないよう。

ということで、Mac OSXのセットアップDVDに入っているBoot Campのセットアップを試みましたが、実行が失敗します。
しようがないので、フォルダ下にある個別のドライバのインストールを試みました。
具体的には、以下。
ApplekeyboardInstaller.exe

これを入れたら、[かな]キーが効くようになりました。

このIMEの他にも、ディスク取り出しキーが効いていませんが、こちらはまだわからず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック