象印ステンレスマグが漏れるようになったら(メモ)

かなり前(5年以上前)から使っている象印社製ステンレスマグ。
コーヒーが好きなので、平日、暑いときはアイスで寒いときはホットでコーヒーを入れて会社に持って行ってます。

画像


先日からコーヒーが漏れるようになり、入れているカバンにコーヒーが染みついてしまう事態に。
すぐに中身を捨て洗って使用を止めました。

漏れている箇所は蓋にある調圧?のための穴です。水を入れて振るとぽたぽたと水が漏れ出します。下の写真で2つ穴開いているところがそれです。

画像


考えられる原因としてはあちこち使われているゴムの劣化。ということで、ゴム部分を外して劣化具合を確認。ですが、特に切れているとかの劣化は見られません。

それ以前に、長年入れているコーヒーのせいで汚れの付着がひどすぎることがわかりました。もしかしたらこれが原因ですき間ができて漏れる原因を作っているのでは?と考え、ゴムを外して清掃。
これで大丈夫かと自信を持ち、再度、水を入れて振ってみましたが、だめ。

他に原因が、と考えつつよく見たらまだゴムがありました。下の写真の白く見えるところの内側の丸いところ(コーヒーで染まり茶色になってしまっています)。

画像


ここをめくると汚れが付着していました。このゴム外せるのかなと引っ張ってみたところ外れました。下の写真のようにぽっちで留めている構造です。取り外してここもキレイに清掃しました。

画像


そしてまた漏れテスト。今度はうまくいきました。漏れません。

まとめると、長年のコーヒーの汚れ(カス)の付着が原因で、ゴムの収縮でピッタリ閉じていた蓋の部分にすき間が生まれ、そこから液体=コーヒーが漏れるようになった、というものでした。

写真ではまだ汚れが付着していますので、さらに念入りに清掃したいと思います。また、コーヒーによる着色は漂白剤で改善したいと思います。

マグを新しいものに買い替えようか、または、交換部品(ゴム、他)を購入して修理しようか検討していましたが、どちらもせずに済みました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック