楽天、注文時の価格と異なる価格を請求された?!

最近、あった出来事です。

とあるショップで、シャープ製空気清浄機のフィルターを注文しました。純正品ではなく互換品です。

ショップのWEBページにはフィルター2,600円、フィルター+Ag3,200円とありました。
でも価格は大きく2,600円と表示。
あと、いくつか確認事項のチェックがある以外は価格についての条件は書かれていません。

[商品をかごに追加]ボタンを押下して購入に進みました。
そのときにも2,600円。
送料は東京は無料でしたので0円。ポイントがあったので全額ポイント支払いで別に支払いはなし。
これで注文しました。

しかしメールが届いていて、見たら、3,200円になっていました。
すぐに価格の確認と、3,200円であれば余分なAgは要らないので返品したい旨を連絡しました。

ショップの回答は、システム(楽天のページのこと?)上そのようになっている、価格が変更になるのは(メール)に記載している、返品は受け付けるが客先の都合なので客持ち(楽天のポリシーらしい)、とのこと。

結局は、双方に面倒(直接はそういう言い方ではありませんでしたが)がかかるということでお店の方に折れていただきました。

一番驚いたのは、「注文時の価格が後でも変更になる(できる)」という点。ここのお店だけではなく楽天全体でそれを許容して商売していいとなれば問題なのではないかと思います。いわば購買者をだますような内容です。一般に注文時に契約が成立するわけで、そこからメールで通知しているとは言えほぼ一方的に価格変更されては注文時の価格は意味をなしていないと思われます。せめて、WEBページにしっかりと「最終価格は別途確認ください」とか明記されるべきです。それをいつもと変わらない注文受け付けましたメールで告知するのはフェアではないと思います。そのような重要事項はしっかりと別メールで連絡し買い手から合意を得るまでは発送・決済するべきではありません。

昨今、楽天の三木谷は送料無料で息巻いているようですが、それよりも(本当であれば)そういうシステムを作らせない、購買者に分かりやすい明瞭会計のシステムを構築するのが先なのではないでしょうか。他システムとベンチマークしたらやること他にあるのではないでしょうか。

これから、楽天での買い物はすべて疑ってかかります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント